名前
題名

内容
画像
修正キー 英数任意8文字以内 (入れないと修正できません。)
パスワード パスワードは「1234」です。
 9月20日(土) ナッシュビルウエストバンド & ブルーグラスカーネルズ ジョイントライブ タック  2014年6月10日(火) 22:13
修正
19:00open 19:30start \2,500(1ドリンク付)
ナッシュビルウエストバンド
 いつも楽しさを忘れないカントリーバンドです。
 昨年3月に解散しましたが、1年2ケ月の時を経て再結成いたしました。
ブルーグラスカーネルズ
 パワフルでやさしく美しいハーモニーとユーモアたっぷりの
 ブルーグラスバンドです。

久々のジョイントライブです。
カントリーとブルーグラスを腹いっぱい楽しんでください。

 5/25(日) ビートル!MRT!ダブルトレブル!! ナッシュビルウエスト  2014年5月28日(水) 20:42
修正
5/25(日)、濃いぃ濃いぃ夜でした。

まずは、謎の大型新人のデビューステージとなりました、ビートル柴田。普段、バンド(ブラック&クレイジー)でやらないような曲を中心に。滅多にこの人のステージを前から聴くことがないのですが。。。ステージを見ながら、身内ながら、鼻の奥の方がツンとなりそうな瞬間が何度かありまして。歌と声の良さに素直に感動して。貴重な新人ですわ(^^) 動画も撮りましたので、また後日。

続いて、大御所MRT!先週に続いての登場!!相変わらず豪快でした。圧巻の横綱相撲。おそらく、台風の中でもブレずにいつものギタープレイができるんであろう、ド太い根っこの生えたブルース!!

ラストは今日の主役、ダブルトレブル!!ジュンちゃんの、触れたら真っ二つに斬られてしまいそうな テキサススタイルのゴリゴリのギター!!
スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ジミ・ヘンドリックスのナンバーを 小手先ワザ一切なし、真正面から凄い圧力で、これまた豪快にプレイしてくれました。こちらも ちょびっと動画を撮ったのですが、ジュンちゃんの了解が得られれば披露できればいいですな。来月は6/28ブラクレの対バンです(^^)

贅沢な夜でした。

そして!お越し頂いたお客様、ありがとうございました!!
先週のMRTを見て今週も来てくれた方、昨日ブラクレのライブを見て連日で来てくれた方、本当に嬉しいです!!
頑張って、いい演奏をお届けして行きます!!

 5/24(土) ブラクレ!ウルフ!OKB! ナッシュビルウエスト  2014年5月28日(水) 20:39
修正
5/24(土)は、毎月第4土曜日恒例、ブラック&クレイジー マンスリーライブ"GOOD ROCKIN' BLUES vol.10"でした。

盛り上がりましたねー。

ひとえにゲストさんのおかげさま、そして、お越し頂いたお客様のおかげさまでございます。

トップは、2度目の登場、ウルフ斎藤!!そう、あのウルフトラップのギタリスト、ウルフ斎藤です!!
アコギでロックンロールするウルフ斎藤、カッコ良いのです(^^) 次回のブラクレマンスリーにも出て頂けるとのこと。今のところ、ウルフ斎藤を見られるのはナッシュビルウエストだけですよ!!お見逃し無く!

続いて、八尾のブルースマン、岡部キング&ヒズフレンズの面々!!今回はゲストプレイヤーにキーボードの濱田さんを迎えてのオトナなムードの岡部キング。クールなエレピの上で斬り込む岡部キングのギター!!オシャレでした(^^) 途中で、セッションでおなじみ、かわさきさんのハープも参加して大盛り上がり!!

ラストは我々ブラック&クレイジー!!ありがたいことに今月始めの高槻ジャズストリートでの我々のライブを見て、今回来てくれたとおっしゃる方もお越しになられて、感謝感謝です。僕的にはスーパードラマーあたか君のプレイの後で無駄に意気込むという毎度の失態でした。。。ま、いっか!!ラストには、ウルフもキングも一緒になって"TWIST&SHOUT"!!

楽しかった!!

 5/17 ヒルアンドン!! ウルフトラップ!! ナッシュビルウエスト  2014年5月18日(日) 15:07
修正
5/17(土)のライブは、大ロックンロール大会となりました!!

トップは、ナッシュビル イチ押しの若手バンド、ザ・ヒルアンドン!!
若干20代前半の彼らですが、オトナ達の前でオクするコトなく、堂々と素晴らしいステージをやりのけ、我々、言うても そこそこ耳の肥えたオトナ達の心をワシヅカミにしちゃいました。
古いロックンロール、ブルース、ソウルetcの素晴らしい音楽をちゃんと咀嚼して、彼らの解釈で作った曲が素晴らしく良い!!しかも演奏も上手い!!新作アルバム「WAY DOWN SOUTH DRIVE」、ナッシュビルでも販売中!!

続いて、我々 ブラック&クレイジー。今回はトリオバージョンでしたが、若手の素晴らしいステージの後、そして、大好きな友人バンド ウルフトラップに続けるためにも、と、意気ごんでライブ開始!!結局、いつもどおり ゴリゴリにヤらせてもらいました。アンコールにはヒルアンドン、ギタリスト達郎くんを呼び込んでの"SAVED"!
皆さんに盛り上げて頂きました。感謝。

大トリは、2月以来、万を辞しての登場、ウルフトラップ!!!
カッコよすぎたウルフ達!!
しかも、ベースにはオリジナルメンバーのミスターX!!何と貴重なステージ!!
ロックンロールのソコヂカラを、これでもかと言うほど 真正面から顔面にブチかまされました!!骨がブッとい!!京都のディーバ、ユキちゃんのゲストボーカルもあり、会場 大盛り上がりの中、アンコールには これまた ヒルアンドンの達郎くんと、ボーカル コージローくんも呼ばれて"ROUTE 66"!!

コージローくん曰く「サイコーナイト、サイコーナイト!!」なのでした(^^)

 RUBY&LES*BOYS さん ありがとうです!! ナッシュビルウエスト  2014年5月13日(火) 0:42
修正
ジャズストお疲れ様でした!!
盛り上がりましたね!!

たいそうなことはできませんが、また 出演よろしくです!!

 ジャズストリートありがとうございました! RUBY&LES*BOYS  2014年5月11日(日) 22:41
修正
5/4(日)16:00〜出演させていただきましたRUBY&LES*BOYSの
代表ルビー@Voです!

先日は大変お世話になりましてありがとうございました。
おかげさまで気持ちよく演奏が出来て、憧れのジャズストリートに出演して遠いところ応援に来ていただいたお客様にも満足していただき、当日初めて観ていただいたお客様からも、お声をかけていただけたり、メンバー一同感謝しております!

ありがとうございました!!

 5/10(土) The HillAndon アルバム発売記念イベント「OPEN UP」 ナッシュビルウエスト  2014年5月11日(日) 11:46
修正
5/10は、ナッシュビル イチ押しのバンド、ザ・ヒルアンドン主催による 音×アートのコラボイベント「OPEN UP」でした。

まずは、若手映像作家HIGASHIによる映像作品の上映に合わせて、ヒルアンドンが生演奏するという、斬新なコラボ!!
続いて、そのヒルアンドンの演奏に合わせて、これまた若手絵画アーティスト yoshida shinpeiによるライブペインティングのコラボ!!
ほぼ ぶっつけ本番でのパフォーマンスにもかかわらず、見事!でした!!
聞くところによると、HIGASHI君、yoshida君と、ヒルアンドンのメンバーとは、高校の同級生とのこと。才能豊かな逸材が集まるとこには集まるんやなぁ。で、お互いに刺激しあってるからこそなんやろなぁ。スゴイぞ若者!!

で、そんな中、恥ずかしながらも ゲストとして出させて頂きました、我々ブラック&クレイジー。若者しかいない観客に受けるのだろうか(^ ^)という不安の中、いつものようにガシガシにR&Bを力一杯 演らせて頂きました!!
最後には 若者みんなが ダンス天国 大合唱!! ありがとう ウィルソン・ピケット!!そして 盛り上げてくれて ありがとう ヒルアンドンのみんな!!

大トリは もちろん The HillAndon!!
近日発売のオリジナルアルバム"WAY DOWN SOUTH DRIVE"の発売記念ライブということもあり、新曲、馴染みの曲を交えながら、ブチかましてくれました!!ホンマにいい歌作るなぁ。メンバー全員 輝いてました!! ギターのTATSURO君のバースデーということもあり、会場全体が楽しい暖かい空気で一杯でした!!
最後は ブラクレ柴田ツインズも参加してのセッション、The Weight で 大団円(^ ^)

楽しかったねぇーーー!
これからもよろしく ヒルアンドン!!

 ジャズストリート2014 終了 ナッシュビルウエスト  2014年5月5日(月) 2:48
修正
10年近く高槻ジャズストに出させてもらっていますが、皆さんを迎える側としては、初めての経験でした。

普段とは違う買い出しやメニュー設定、会場設営や掲示物の作成、スタッフの担当などの事前準備をしていても、何か当日に足りないコトがありそうな気がして不安だらけでした。

ましてや 出演者は基本 その場で初めて出会う方々、しかも、普段はブルースバンドが多いので音量調整もミュージシャン各自のバランスに頼りがちな我々、ジャズやフュージョンetcなどのセッティングに瞬時に対応できるんやろか、そもそもマイク足りるんやろか等々、そんな中で、10時間もの長丁場を2日間も乗り切れるんやろか。。等々 不安だらけでございました。

実際、終えてみて。。。

出演者の皆様、多々 失礼、不手際があったこと、本当に 申し訳ございませんでした。

セッティングに戸惑ったり、いざ本番で一発目のボーカルがでなかったり。。

でも、出演者のみなさん、笑顔でご対応頂き、本当に心から感謝です。

そんな ミュージシャン皆様の温かく大きなフトコロ、そして見事な腕前に助けられた上で、、、

何とか乗り切れました。。

また、ウチの店にあんなに人が入ることが普段ないので、なんとかお客さんに無理言って詰めてもらって、一人でも多くの方に見てもらおうと毎時間必死でした。お越しいただいた皆様、ご協力 本当にありがとうございました。

そして、素敵なミュージシャンにも出会えました!!

今後につなげたいなぁ

そして。。。

いつもお世話になっているミュージシャン、お客さん、友人。。。
来てくれてありがとう!!

懐かしい人にも会えたし(^^)

必死な中、本当に ホッとしました!!
みんな ありがとう!!
時間がなくて、きちんとお話できなかったけど、知ったお顔を拝見する度に、本当に本当に心が和みました。

毎年、本番の45分間を必死に演奏することで精一杯でしたが(しかも飲んだくれて…)、
迎えてくれるお店の方々は、1日中、10回くらい本番を緊張しながら進行し、合間にはお客さんのスムーズな入れ替えて、近隣さんに迷惑の出ないようにと気を遣いながらと、でお店の"実"となる飲食販売をして、、、毎年 こんな大変なことをしてはったんだと、あらためて これまで出させて頂いたお店の方々に感謝の気持ちが湧いて来ました。

2日間を終えてみて。。

やる価値あり!!でした!!

出演頂いたミュージシャン、お越しいただいたお客様、そして友人たち、手伝ってくれたスタッフのみんな、そして、ジャズストリート事務局はじめ関係者の方々、本当にありがとうございました!!

お疲れ様でした!!

 4/27 Nacomi Meets Tomi藤山 ジョイントライブ ナッシュビルウエスト  2014年5月2日(金) 12:41
修正
4/27(日)は、関西を中心に、そしてアメリカでも活躍されているブルースウーマン Nacomiさんの企画で、東京から 日本のカントリーミュージックの草分け トミ藤山さんをお迎えしてのジョイントライブでした。

プロのミュージシャンのご出演は当店では あまり無いので、我々スタッフも若干 キンチョー!!
お客様も満員御礼!!!

オープニングアクトは、ナッシュビルではお馴染み、大阪で活躍中のレディス(ガールズ?)ブルースバンド Are You Sexperience? でした。
セクペリさんとのお付き合いも古いですが(たまーに、僕もサポートで叩いたりもしますが)、身内の大舞台での緊張が こちらにも伝わってまいりました。しかし、いつもながら、いや、いつも以上の堂々たるステージ!!ホッとしました(^^)

そして、ナコミさんとトミさんのステージ スタート!!まずは、ナコミさんのブルースで会場全体が熱くなったところで、トミさん登場!!
とても73歳とは思えないステージ!!
何よりも驚いたのが声。声量!!声の太さ、厚さ!!で、ギターも凄い!!テレキャスを抱えた姿が とてもステキ(^^)
お二人のMCも とても オモロくて、むしろ そっちの時間の方が長いんちゃうか? ってくらい、お客さん大爆笑でした。
個人的には、やはり、トミさんの"テネシーワルツ"に感動しました。本場のアメリカンの心、体を動かすトミさんだけの声、音楽であるということに素直に納得しました。ちなみに、アメリカでトミさんのドキュメンタリー映画が制作されるそうです。日本人の誇りすね!!!

ステージ後の ナコミさんの涙とお二人の笑顔が、お二人そして関わる全ての方々の温かさ そのものなんだと思います。

トミさん、ナコミさん、不慣れな我々スタッフにも 優しく楽しく 接して頂き、本当にありがとうございました。

機会がありましたら、ぜひ また よろしくお願いいたします。

 4/19 ライブ!! ナッシュビルウエスト  2014年4月21日(月) 1:42
修正
4/19(土)は、4組のバンドの熱いライブで盛り上がりました。

トップは、地元北摂の未来のスター(^^)、ザ・ヒルアンドンのボーカル&ギターのお二人によるアコースティック・デュオ、エルウッド&ジェイク。よかった!!ニール・ヤング、リトル・フィート、サム・クック、ザ・バンド、西岡恭蔵、かまやつ先生(と、本人達が頻繁に言うてました ^ ^)等のカバー曲や、その辺りの音楽へのリスペクト満載のオリジナルソングで、私、正直、2度ほど 本当にサブイボ立ちました。また、歌も演奏も上手い!!

続いて、毎度おなじみ 当店ハウスバンド、ブラック&クレイジー!!
今回は3人編成バージョンでしたが、若干 懐かしのナンバーも引っ張り出して、バラエティに富んだ内容でした。

続いて、初出演の大潤会バンド!!
職場の仲間でやられているバンドとのことで、我々 40代オトコには涙モノの、ブルーハーツ、ジギー、エレカシなどの80年代ロックを熱く熱く聴かせてくれました!僕もカウンターの中で大熱唱(^^)

トリは 大阪八尾のブルースギターヒーロー(^^)、岡部キング&ヒズフレンズ!!今回はサックスのAYAKO MINAMIさんをゲストに迎え、いつも以上に ブ厚く、ファンキーなサウンドでブルースをブチかましてくれました。圧巻でした。岡部キングならではの攻めるギターで、客席にも斬り込んで来てはりました。

良い夜でした(^^)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  全 99件 [管理]
CGI-design